キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病のサインとは? : うつ病に負けない!

うつ病のサインとは?

うつ病に負けない!

うつ病にかかった人を周囲が気付くことのできるサインがいくつかあります。サインを見たら受診を勧めましょう。

うつ病のサインとは?

うつ病にかかる人は周囲に必ず一人はいると言われるほど、ごく身近な病です。

ですがうつ病にかかった本人が気付くことなく、発見が遅れる場合があります。

そんなときは、周囲の人が早めに変化に気付いて受診を勧めましょう。

うつ病が疑われる様子や行動にはいくつもありますが、周囲が気付くことのできるものとしては、以下のものが挙げられます。

表情が暗く、体調不良の状態が増えたり、仕事の能率が低下したり、遅刻や欠席が増え、外出が減り、一人になりたがる、などの様子には注意しましょう。

悪化すると、遺書を書いたり自殺の道具を準備したり、身辺整理をするなど、自殺のサインが出始めます。

このようなサインが見られた場合は、できる限り本人を一人にしないことが重要です。

自殺を誘発させるような道具、ナイフやヒモなどを本人から遠ざけ、しっかりと見守らなければなりません。

Copyright http://www.malimihaljevec.com/ All Rights Reserved.